1. HOME
  2. プロジェクトについて
  3. 書籍紹介

PROJECT

プロジェクトについて

書籍紹介

Book introduction

五重塔

日本経済改造論

フェニックス・プロジェクトとは、人々の中にある暗黒の想念を、愛という万能の力に転じ、そのエネルギーで地球をユートピアへと変身させ、未来永劫共に手を取り合って、皆誰もが幸せとなる人生を目指す計画のことです。

フェニックス・プロジェクトは経済から始まりますが、そこで活躍する真理企業、そして真理企業としてあるべき体制や新しいリーダーの資質、及び真理企業の経営についてなどが詳細に書かれています。
日本経済を根底から改革するという意味で、日本経済改造論と名付けましたが、スクラップアンドビルドではなく、現在の経済を改造していくという意味あいでもあります。

日本経済改造論【上巻】全社員経営者論 kindle版

日本経済改造論上巻

大和武史(著)
Kindle版
2018年10月
400円

 

Amazon kindle ストア  

楽しい職場の実現で、豊かな人生を。
すべての社員が経営者となり、働きがいのある温かい職場へ

日本経済は戦後の復興期から大発展を遂げました。
私たちの生活は見違えるほどに豊かになりましたがその反面でこころが失われています。
生活が便利になりましたが、こころも同じように豊かに幸福になれたかというとそんなことはありません。

満たされないこころの人が増えています。
特にサラリーマンに増えているように感じます。
過当競争の社会の中で人々は疲弊しているのです。

仕事というものは自分を輝かせる場であるべきだと私は思います。
そうであるからこそ、会社のために本当に尽くせるのではないでしょうか。
楽しく集中して仕事ができるように企業の経営体制を改革する必要があると思います。

この全社員経営者論は、すべての社員が経営者として活躍する体制のことであり、楽しく潤いのある職場への提言です。
是非、サラリーマンの方に読んでみて欲しいと思います。
そして、今までの古い体制にとらわれることなく、誇れるような素晴らしい社会を造っていくために立ち上がっていただきたいと思います。

もくじ
まえがき
第1章 現代の仕事は地獄
1.労働者に厳しい仕事
2.難しい人間関係
3.納得できない人事
4.苦しい経営状態
5.働きがいのない社会
第2章 労使の親密な関係を創る
1.労働者の不満はどこにあるか
2.経営の問題
3.労働者が経営者となる体制
4.指導者の選出
5.正当な評価と人事
第3章 豊かで潤いのある職場
1.楽しい仕事
2.仲間との連帯感
3.経営者としての学び
4.仕事で豊かな人生を生きる
5.誇れる企業へ
あとがき

 

日本経済改造論【中巻】徳治主義経済編  Kindle版

日本経済改造論中巻

大和武史(著)
Kindle版
2018年11月
400円

 

Amazon kindle ストア  

「自分もあのような人になりたい」
優れた豊かな人格、愛深き、徳ある人が指導者となる社会へ

現代はビジネスの時代です。大半の人が会社などに勤めて報酬を受け取って生活をしています。
経済を構成する大きなファクターに企業というものが位置づけられています。
企業の活発な活動により多くの物が生産されて、消費者により購買されています。

人々は豊かな暮らしを求めて企業で働き、できれば多くの報酬を得たい、高い地位に就きたいと願っています。
しかし、こうした羨望の的となるものはいつも希少であるがゆえに価値が高いものであって、誰でも手に入るものではありません。
他人よりも豊かな暮らしをしたければ、他人よりも抜きん出ることです。

そのためには、優れた人となることです。
いつまでも平社員をやっていないで多くの部下を従えるリーダーとなることです。
役割とは器相応に与えられるものです。優れた人こそ多くの役割を得る人であり、多くの報酬を得る人でもあります。

そして、本当に優れた人とはどんな人かというと、それが人徳のある人なのです。
徳という、人を最も輝かせる性質があるのです。
そして、これは誰でも努力により獲得できるものです。

きたるべき新時代においては、人徳のある人こそがリーダーとして珍重されてトップへ引き上げられることになると思います。
この本は人徳を身につけるための参考書として書いてみました。
自分でも驚くような輝かしい自分を発揮するために、是非、一読をお願いします。

もくじ
まえがき
第1章 現代のリーダーはダメ
1.パワハラ、セクハラ上司
2.自分勝手な上司
3.優柔不断な上司
4.思いやりのない上司
5.信用出来ない上司
第2章 徳治主義経済
1.徳とは何か
2.徳の効用
3.経済における徳治主義
4.企業発展の原理
5.リーダーが社運を決める
第3章 経済リーダーになる条件
1.礼儀
2.信頼
3.決断力
4.感謝
5.愛深き人
あとがき

 

日本経済改造論【下巻】真理企業発展論 Kindle版

日本経済改造論下巻

大和武史(著)
Kindle版
2018年12月
400円

 

Amazon kindle ストア  

人々を幸福に導きこころを満たす経済活動を。
社会貢献、環境保護事業で活躍する真理企業の発展から日本経済の新時代へ。

真理企業の発展という意味が分からないタイトルを掲げていますが、これは日本の優秀な企業の力を最大に発揮させて日本国民を幸福へと導くための斬新な提案です。

現状のままでは、やがて世界の経済は崩壊するでしょう。
それは、経済というものも世界が混沌に沈んでいくときには、経済も混乱せざるを得ないからです。

これから、ますます異常気象や天変地異が増加していきます。
それは、偶然などというものではなく、人類の作用に対する反作用でしかありません。
作用・反作用の法則というものがあるように、作用に対してそれに応じた反作用が返ってくるのが自然の摂理であり、誰もこれから逃れることはできません。

これから先、人類を待ち受ける悲惨な未来図が見えていますが、これに抗うこともできるのです。
新しい作用を起こせば新しい反作用が生じます。
滅亡へ導かれるような作用を止めて、幸福な未来を築くような作用を行えば、今からでもまだ間に合うのです。
そのたえに、最も有効な行動が経済活動です。

人類を救うための計画であるフェニックス・プロジェクトの核になる部分が経済改革です。
それは、この真理企業発展論から始まっていくのです。

もくじ
まえがき
第1章 現代経済の崩壊
1.世界の金融不安
2.不透明な世界情勢と日本経済
3.内部告発と企業の信用
4.コンプライアンスの低下が招く無法地帯
5.このままでは世界と共に滅びゆく日本経済
第2章 真理企業とは
1.経済と利益
2.真理企業とは何か
3.本当の発展の道
4.真理企業の効用
5.真理企業の経営
第3章 日本経済改造論
1.日本経済の再発展
2.日本経済の果たすべき役割
3.経済からの救済
4.日本経済の改造
5.政治と経済
あとがき